KYとRAはどう違うか 危険予知とその見積もり

2017.04.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 現場で「危険予知活動」「リスクアセスメント」の混同がみられます。作業員へは、どのように説明すればよいでしょうか。【新潟・N社】

A

行動と設備面で対策別 残留リスク排除に連携を

 危険予知活動(以下、KY)は主に行動面の対策で、リスクアセスメント(以下、RA)は主に設備面の対策に整理できます。

 KYは、毎日作業を始める前に作業員同士が現場に潜む危険を相互に指摘し合って共有化し、危険のポイントと行動目標を定め、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年4月15日第2280号 掲載
ページトップ