メリット制に影響? 継続事業の一括を受け

2021.06.01 【労働保険徴収法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今まで本社と支店は別々の保険関係でしたが、継続事業の一括の申請をする予定です。昨年、ある支店で労災が発生し保険給付を受けましたが、一括後、メリット制に影響はありますか。 【茨城・K社】

A

関係消滅で影響しない

 メリット制は、労働災害の多寡に応じて、労災保険率または労災保険料を一定の範囲内で増減させる制度です(徴収法12条3項)。継続事業の場合、連続する3保険年度のメリット収支率が75%未満なら減額、85%超なら増額となり、同3保険年度における最後の保険年度の翌々年度から適用されます。メリット収支率は、保険給付額を、保険料の額に第1種調整率を掛けた値で割って計算します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年6月7日第3307号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ