寮費の減額が不利益に!? 「現物給与」とどう関係

2021.04.28 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労組の若手代表に選出されました。若年層の要望を取りまとめることになりましたが、「独身寮の寮費を下げてほしい」という要望が出ました。しかし、現物給与の関係から、引下げには不利益が伴うこともあると聞きます。具体的には、どのような影響があるのでしょうか。【青森・T社】

A

報酬に一部加算必要も 価額自体も4月変動

 現物給与については、労働・社会保険のほか、税金にも影響があります。本欄では、このうち社会保険(健保・厚年)に関してみてみましょう(条文は健保を使用)。

 健保の一般の被保険者の場合、保険料は基本的に「標準報酬月額・標準賞与額に一般保険料率を乗じて」算出されます(健保法156条)。保険料は労使折半です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年5月1日第2377号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ