時間外はどの部分か 副業に管理モデル採用

2021.03.30 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 副業として働きたいという応募があり、本業先は管理モデルを採用したいと話をしていました。初歩にはなりますが、副業先は時間外労働をどう考えますか。【東京・K社】

A

所定内で発生する可能性も

 本業先(先契約使用者)と副業先(後契約使用者)の労働時間は通算されます(労基法38条)。各々の所定労働時間の定め方などで割増賃金が必要な時間外労働の部分が異なるなど煩雑さが伴います。

 法令遵守と労使双方の手続きの負担軽減のため提示されたのが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年4月5日第3299号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ