10人以上は合計で判断? 営業所拡充して「支所」へ

2021.03.29 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 営業所の一つを拡充し、人員を補充する方針です。同時に近くの営業所と一体で、「支所」に格上げする案が浮上しています。2つの拠点では、これまで本社の就業規則を使っていました。人員を合計すると10人を超えるので、「支所」で就業規則を作成し、届け出た方がよいのでしょうか。【青森・S社】

A

まとめて管轄なら一括 原則は場所的に決まる

 従業員が10人以上になると、就業規則が必要になるといいます。1つの営業拠点で規模10人以上となった場合、作成義務の有無はどのように考えるのでしょうか。

 労基法の条文をみると、まず89条により、作成義務を負うのは「常時10人以上の労働者を使用する使用者」と規定しています。これだけを読むと、企業単位なのか、事業場単位なのか、判然としません。

 しかし、労基法90条では「事業場の過半数労組…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年4月1日第2375号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ