初診日で判断か 傷病手当金に関する時効

2021.02.15 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員から傷病手当金を請求したいといわれたのですが、聞くと症状が出始めたのは2年以上も前でした。今でもたまに休むようですが、時効について、どのように考えればいいのでしょうか。【群馬・T社】

A

労務不能の日ごと進行

 健保法193条に時効の規定があります。「保険給付を受ける権利は、行使できるときから2年を経過したときは時効によって消滅する」としています。療養の給付、出産育児一時金や高額療養費などを現物給付として受ける場合は通常問題とはなりません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年2月15日第3293号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ