平日金曜日が40時間超!? 副業として日曜日に働く

2021.02.10 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の所定労働日は月曜日から金曜日の週5日、1日の所定労働時間は8時間です。ある従業員から副業・兼業の届出が出されました。働くのは「日曜日のみ」の予定です。割増賃金の支払いは副業先にあると思っていたのですが、週の起算日が日曜日のときに、そこから時間を通算することとの関係で混乱しています。どのように考えればいいのでしょうか。【京都・N社】

A

本業の「時間外」でない 休日規定も通算対象外

 労基法38条1項において労働時間は、事業場を異にする場合においても、労働時間に関する規定の適用は通算するとしています。事業場を異にするとは、同じ事業主の場合はもちろん、異にする場合も含みます(昭23・5・14基発769号)。

 副業・兼業の場合に通算規定をどのように解釈するかに関して、通達(令2・9・1基発0901第3号)やガイドライン(令2・9改定)が示されています。

 副業の開始前のタイミングでは、自ら(本業)の事業場における所定労働時間と、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年2月15日第2372号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ