結果報告必要な50人は? 定期健康診断後の措置

2021.01.31 【安全管理】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 定期健康診断結果報告書が必要になる50人以上ですが、在籍労働者数について、パート・アルバイト等をどのようにカウントするのか教えてください。【岐阜・N社】

A

実施対象よりも「広い」 パートに4分の3基準

 労働者を一人でも雇用している事業者は、1年以内ごとに1回定期に健康診断を実施することが法令(安衛法66条)で義務付けられています。11の検査項目がありますが(安衛則44条)、医師が個々の労働者について、年齢を加味して総合的に判断し、省略できる検査項目があります。

 また、常時使用する労働者数が「50人以上」の事業場は、「定期健康診断結果報告書」を管轄する労基署に遅滞なく提出する義務があります(安衛則52条)。この「常時使用する労働者数」には日雇い労働者、パートタイムも含まれ、これは労働安全衛生法の「事業場の規模」についての内容と共通の考え方です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年2月1日第2371号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。