「週払い」の報酬月額は? 資格取得時どう決める

2021.01.28 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 製造部門で雇用する期間契約社員ですが、これまで月給で支払ってきました。今後、一部求職者のニーズも踏まえ、「週払いも選択可」に変更する方針です。週給の場合、社会保険の資格取得時の報酬月額は、どのように決めればよいのでしょうか。【富山・K社】

A

日額割り出して30倍 残業などは平均用いる

 定時決定の際には、4~6月の「実績」に基づいて標準報酬月額を決めます。しかし、資格取得時には、まだ報酬の支払いは発生していません。このため、「見込み」の額を基準とします。

 資格取得時の標準報酬月額は、賃金決定の仕組み(月給、週給、日給等)により異なります。どのサイクルで支払うか(月払い、週払い、日払い)とは、直接、リンクしません。

 希望者を対象として、賃金制度自体を週給制(週単位で賃金決定)に切り替えるのか、それとも賃金制度は月給または日給制のままで、支払いサイクルだけを週払いに変えるのか、会社の採る方針によって、資格取得時決定の方法も違ってきます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年2月1日第2371号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。