任継の手続きは? 令和4年1月に改正

2022.01.24 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 退職後、健康保険(協会けんぽ)の任意継続被保険者となるか、国民健康保険の被保険者となるか比較検討するうえで、令和4年1月の法改正はどのような影響を及ぼすのでしょうか。【千葉・G社】

A

年度替わりで脱退検討

 任意継続が有利な点には、標準報酬月額の上限(30万円)が挙げられます。また、保険料のベースは退職時の標準報酬月額であり、傷病手当金のように継続した12カ月間の各月の標準報酬月額を平均した額ではありません。一方で、国民健康保険には、雇用保険の特定受給資格者等に該当した場合の保険料の減免等があります(協会けんぽ「任意継続制度説明リーフレット」)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年1月24日第3337号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。