70歳までの措置どうする

2020.11.05 【高年齢者雇用安定法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 70歳までの就業確保に関する改正高年齢者雇用安定法は2021年4月1日施行です。その時点で何らかの措置が取られていないと指導等の対象なのでしょうか。

A

 高年齢者等職業安定対策基本方針(令2・10・30厚生労働省告示350号)や高年齢者雇用安定法Q&A(高年齢者就業確保措置関係)において、厚生労働大臣(都道府県労働局、公共職業安定所)の指導の考え方として、まずは、制度の内容を把握していない事業主や「検討を開始していない事業主等」に対して、制度の周知啓発および指導を行うとしています。

 弊社セミナーにおいて解説いただいた弁護士のことばを借りますと、努力義務であり、ガッツポーズさえ示しておけばいいということになりますが、いずれ措置義務に変わることを想定して対応が必要でしょう。

ショート実務相談Q&A 掲載

あわせて読みたい

ページトップ