健診結果の判定で改正? 「押印」見直し進むが

2020.11.14 【衛生管理】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 健康診断は雇入れ時、定期のほか、当社は深夜業があるので特定業務従事者の健診を実施しています。健康診断個人票や労基署への結果報告書等に産業医の判定と押印が必要だということは分かっているのですが、月に一度来る産業医にすべて目を通してもらうのは難しい状態です。何とかならないでしょうか。【千葉・F社】

A

一部手続きを簡略化 意見聴取など変更なし

 嘱託の産業医の先生に健診結果を丁寧にみていただくのは確かに難しいケースが多いでしょう。個々の健診結果をみていただき、その証拠を残すことは必須です。また、そのなかで特に厳しい評価(「要医療」やいわゆるパニック値など)となっているものについては、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2020年11月15日第2366号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ