重層請負で一括禁止は? 専門業者に一部を下請け

2017.02.05
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 一括下請負の禁止に関して、①元請けの「実質的関与」の確認はどのように行われるのか、②重層的な請負関係における責任はどう考えればいいのか、③一次下請けの立場として、工事の一部を専門工事業者へ請け負わせる際の注意点を教えてください。【岡山・A社】

A

技術者の配置有無確認 機器売買など別契約も

 「一括下請負に関するQ&A」(平28・10・14国土建275号)では、①国等は、一括下請負の疑義がある場合には、まず、当該元請負人の主任技術者または監理技術者に対して、具体的にどのような作業を行っているのかヒアリングを行います。請け負った建設工事の施工管理等に関し、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年2月1日第2275号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ