共同作業で注意どこまで 直接声掛けるかためらう

2020.06.30 【安全管理】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 現場作業において、安全面で気になることをみつけても発注関係でないため、直接声掛けをためらってしまいます。どうしたら、声掛けができるようになりますか。【長崎・N社】

A

「ご安全に」をきっかけに 組織や立場問わず確認

 脚立を使ったバランスの悪い作業、高所作業における安全帯の不使用、保護具の着用不備をみて、「ちょっと危ないな」と思っても、「他社の作業だから」とか「発注関係がないから」等の理由で、直接指摘することをためらってしまうことがあります。

 そこで、危険の芽を摘むために、誰でも簡単に声掛けできるコミュニケーションワードを紹介します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
    2020年7月1日第2357号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ