基本手当は減額される? 求職活動中に簡単な依頼

2019.09.28
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 現在、求職活動中ですが、知り合いから「ウェブサイトの内容を変えたいので、ちょっと手伝ってほしい」という依頼を受けました。働きに見合うお金は、支払ってくれるという話です。夜間等の時間を使えば処理できる内容で、求職活動に影響が出るとは思いません。こういう場合でも、報酬を受け取ると、問題になるのでしょうか。【島根・I生】

A

賃金日額の8割超は調整 1日4時間未満が対象

 基本手当の受給資格者は、定期的(基本は28日に1回)にハローワークに出頭して失業の認定を受けます。基本手当は、就職していた日数分を除いて支給されます。

 しかし、就職とはいえない程度であっても、「自己の労働による収入」があった場合、「受給資格者は、その収入の額その他の事項をハローワークに届け出る」必要があります(雇保法19条3項)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2019年10月1日第2339号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ