請求に際し留意点は 繰下げ受給の手続き

2019.07.09
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年金の繰下げ受給について確認したいという相談が相次いでいます。留意点を確認させてください。【三重・K社労士】

A

年金請求書の返送時に注意

 老齢基礎年金および高年法の本則に基づく老齢厚生年金は65歳から支給が始まるところ、65歳で請求せずに、66~70歳の間で申し出た時から支給が開始されるように繰り下げて請求できます(厚年法44条の3、国年法28条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和元年7月8日第3216号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ