パワハラ規制厳しい? 改正法案が衆院通過

2019.05.28
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今般、職場のパワーハラスメントを防止する法案が衆院を通過したというニュースを耳にしました。パワハラは業務上の指導との区別が付きにくいので、当事者自身が気付かないまま違反行為に該当していた、という事態が頻発しそうで少々懸念しています。規制は相当程度厳しくなるのでしょうか。【大阪・I社】

A

セクハラ防止に準じた規定

 パワハラ防止の諸規定は、労働施策総合推進法(かつての雇用対策法)に盛り込まれる予定です。均等法のセクハラ防止と同様、相談体制の整備や労働者への不利益取扱いの禁止が事業主に義務付けられ…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和元年5月27日第3210号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ