事業場ごとに策定か 健康情報の取扱規程

2019.04.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 顧問先から健康情報の取扱いに関する規程の作成を依頼され、4月に間に合わせる形で簡易版を作成しました。就業規則と同様に考えれば、事業場ごとに考えることになるのでしょうか。【佐賀・T社労士】

A

「企業単位」で運用可能

 事業者は、健康診断の結果等に基づき適切な措置を講ずべき義務があります(安衛法66条の4)。一方で、こうした個人情報の取扱いには注意が求められます。

 4月以降、新設された安衛法104条や健康情報の適正な取扱いに関する指針(平30・9・7指針公示1号)が適用され、取扱規程の策定が必要になります。定めるべき事項は…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年4月15日第3205号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ