休憩場所の確保必要か 昼間に会議室を開放

2016.05.30
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、お昼に昼食を食べる場所として会議室を開放しています。本来会議室ですから、来客等があれば利用できないこともあります。この場合、別に休憩場所を確保する必要があるのでしょうか。【新潟・T社】

A

有害な作業除いて任意

 安衛法には、休憩室と休養室の2つがあります。

 休養室は、労働者が臥床できる場所とされています(安衛則618条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年5月30日第3066号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ