熱中症は業務上の災害? 屋外作業で倒れ病院搬送

2016.06.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は建設業者です。過日、当社従業員が現場(屋外)作業中に倒れ、救急搬送され、「熱中症」と診断され入院休業中です。当日の天候は晴れ、年齢は57歳、作業時間は連続3時間に及んでいたようです。健康診断において既往症は認められず、当日の朝礼にて体調不良なども報告されていません。このケースで労災は適用されるでしょうか。【埼玉・M社】

A

労基則別表の疾病に含む 作業内容や環境から判断

 現在では真夏に限らず、梅雨の季節のころから「熱中症」が報告されるようになりました。25℃程度の屋内における作業でも、湿度が高い場合に発症するというデータもあります。

「熱中症」について

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年6月1日第2259号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ