兼業主婦の損害賠償は? パートでも請求したい

2016.05.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 交通事故に遭って等級14級(局部に神経症状を残すもの)の後遺障害が残りました。現在兼業主婦ですが、休業損害や後遺障害の損害賠償の請求は兼業しているパートの店員として行うのと主婦として行うのとでは差があるのでしょうか。また、主婦と店員の両方で請求することはできるのでしょうか。【富山・T子】

A

年齢平均と現収入を比較 主婦の方が額高いことも

 職業で収入を得ている兼業主婦の場合、職業と主婦の両方からではなく、そのどちらかからでしか損害賠償を得ることはできません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年5月15日第2258号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ