自賠責の利用は適切か? 被害者に過失ある可能性

2017.11.27
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 酒を飲んで夜遅く交差点の横断歩道を渡っているときに乗用車にはねられ、全治3週間のケガをしました。私は信号の色を覚えていませんが、乗用車側は青信号で走行しており、横断歩道側は赤で信号無視だったと主張しています。損害保険会社の担当者は自賠責保険で示談にしようとしていますが、十分な補償を受けられるでしょうか。【兵庫・N生】

A

過失7割まで減額されず 被害が軽度の場合も有利

 相談者が心配しているのは、自賠責保険では納得のいく損害賠償を受けられないのではないかということですが、この相談で問題になるのは過失割合です。自動車事故で歩行者が被害者になった場合、被害者の過失は非常に小さいのが一般です。相談者が酔っていたとしても横断歩道を青信号で渡り、乗用車が赤信号で走行していたのなら、相談者の過失割合はゼロです。また、相談者が黄信号で横断を開始し、一方、乗用車のほうが赤信号で進入した場合、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年12月1日第2295号 掲載
ページトップ