加害者が保険未加入では 資力ないと賠償請求困難

2015.01.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 先日、信号が青になるのを確認してから横断歩道を渡っていたところ、飲酒運転の車が赤信号を無視して横断歩道に進入してきて、車のバンパー部分が私の右脚に当たり、ケガ(全治3カ月)をしました。当面の治療費を、車を運転していたA氏に対して請求したいのですが、A氏は任意保険に加入していないばかりか、まったくお金がない様子です。私は泣き寝入りするほかないのでしょうか。【愛知・N生】

A

家族の人傷保険で補償が 自賠責は「被害者請求」を

 まず「自賠責保険」について説明します。自賠責保険(正式には、「自動車損害賠償責任保険」といいます)は、強制保険とされています。つまり、自賠責保険に加入していない自動車は運転してはならないとされており、この規制に違反すると懲役刑等に処せられます。また、自賠責保険は車検制度と結合されています。したがって、自賠責保険に入っていない車はまずないといってよいでしょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月15日第2226号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ