特別加入が必要? 組合活動行う労組役員

2018.04.24
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 労組として所属企業とは別に労災保険に加入した際、委員長については保険給付を受けられないと説明されたため、特別加入の手続きをしましたが、役員が被災した場合はどのような扱いになるのか良く分かりません。専従か非専従かによって異なるともいわれているようですが、いずれかの役員については特別加入が必要になるのでしょうか。【大阪・S組合】

A

専従は手続き不要の場合も

 労災保険は1人でも労働者を使用すると、原則として強制的に適用されます。労働組合も職員を使用していれば、企業とは別個に労災の適用事業場となり、組合活動中の災害に際し、職員は被災労働者として療養給付等を受けられます。ただし、組合を代表する委員長は中小企業の経営者とみなされるので、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年4月23日第3158号16面 掲載
ページトップ