自己負担の上限変わるか 医療費負担が家計を圧迫

2014.12.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 私自身はいたって健康なのですが、妻の体調が悪く、医療費負担が家計を圧迫しています。今度、健康保険の「自己負担限度額」の上限が変わると聞きますが、さらに負担が増加するのでしょうか。【秋田・H生】

A

高額療養費が5区分に 月額53万円以上は負担増

 健康保険を使って治療を受ける場合、原則として窓口負担は3割です(健保法74条、110条)。しかし、自己負担額が「著しく高額」であるときは、高額療養費が支給されます(同115条)。

 具体的には、自己負担限度額を超えた分が現物給付され、窓口負担が軽減されます。自己負担限度額は、収入(標準報酬月額)に応じて段階的に定められています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年12月1日第2223号 掲載
ページトップ