出産育児一時金は出るか 産前休業前に流産の場合

2014.09.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員が妊娠しましたが、過去に予定日直前に流産した経験があり、今回も不安を感じているようです。そのときは出産育児一時金を受給したようですが、仮に産前休業期間に入るより、ずっと前に流産した場合等でも一時金の申請は可能でしょうか。【福井・B社】

A

妊娠4カ月以後なら対象 22週以降なら上乗せも

 健康保険では、妊娠4カ月(85日以上)以後の「生産、死産、流産(人工流産を含む)、早産」をひっくるめて「出産(分娩)」と呼んでいます(昭27・6・16保文発2427号)。給付の名称(出産育児一時金)には「育児」という文言が入っていますが、上記「分娩」の定義に該当する限りは、支給対象となります。

 ただし、出産の時期によって一時金の金額が異なる可能性はあります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年9月1日第2217号 掲載
ページトップ