再就職は早い方が有利? 給付内容が大幅改善

2014.08.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 早期再就職に対するインセンティブとして、再就職手当の給付内容が大幅に改善されたと聞きます。新しい仕組みでは、「本当に、早めに仕事を決めた方が有利」なのでしょうか。【岐阜・A社】

A

就業促進定着手当を新設 前職との賃金差額補てん

 平成26年4月1日施行の改正雇用保険法により、再就職手当(雇保法56条の3第1項2号)が2種類に分けられました。

 ベースとなる「再就職手当」は従来と同様です。基本手当の支給残日数が3分の1以上ある受給資格者が、1年を超える雇用が確実な職業に就いたとき等が対象になります。該当者は、再就職日の翌日から1カ月以内に居住地を管轄するハローワークに「再就職手当支給申請書」を提出します。

 再就職手当の額は、次のとおりです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年8月15日第2216号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ