「退職日」になるのは? 最終在職日かその翌日か

2013.10.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 嘱託社員等が一定の年齢に達すると、嘱託契約の期間満了で退職します。若い社員が花束を贈ったり、ささやかなセレモニーを行ったりして、別れを惜しみます。当社では、この日を「退職日」と呼んでいますが、会社との雇用関係が消滅する日という意味では、翌日を退職日と呼ぶのが適切なような気もします。どのように考えるのが、よいのでしょうか。【愛知・K社】

A

資格は退職翌日に喪失 事業所廃止や死亡も同様

 まず、最終出勤日と最終在職日の区別を確認しておきましょう。「花束を受け取る」のは、最終出勤日です。しかし、年休等の消化で、最終在職日はもっと後になるのが通常です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年10月1日第2195号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ