専業主婦長い人の年金は 加入半年で障害が発生

2014.01.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 入社して半年余りたったパートさんですが、ケガ(業務外)で悪化すると障害が残りかねない状況です。パートに出る前は専業主婦をやっていたということですが、第3号被保険者だった期間と合わせ、障害厚生年金の受給は可能なのでしょうか。【山口・H社】

A

資格取得後なら支給対象 保険料納付要件は必要

 障害厚生年金は、①傷病の初診日に厚生年金の被保険者だった人が、②障害等級1~3級に該当することが前提条件です(厚年法47条)。お尋ねの方は、パート入社で厚生年金の被保険者資格を取得後にケガをされているので、①の条件は満たします。

 ②の条件もクリアしたとして(障害が残ること自体はアンラッキーなことですが)、後は保険料納付要件を満たすか否かが問題となります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年1月1日第2201号 掲載
ページトップ