平成30年度の健康保険・介護保険

2018.02.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

健康保険の都道府県保険料率の見直しの季節がきました。平成30年度で何か変更点があれば教えてください。

A

全国平均は10%で変わりありません。都道府県別にみると、引上げが18道府県、引下げが24都県、据置きが5県でした。

なお、介護保険料が1.65%から1.57%に引下げられます。40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者)が対象です。

平成30年度の協会けんぽの健康保険料率および介護保険料率は、本年3月分(4月納付分)からの適用となります。

さて、本紙3144号(5面)で既報の健康保険の保険料率の算定方法についてインセンティブ制度を設ける仕組みは、健保則改正に向けて、現在パブリックコメントの募集中(3月6日まで)です。インセンティブ分の加算は、平成32年度に反映される予定です(激変緩和措置あり)。

ショート実務相談Q&A 掲載
ページトップ