派遣も一斉休憩を除外したい

2020.01.30
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 休憩時間を一斉に取得することができず、労使協定を締結したいと考えています。派遣労働者を受け入れているとき、派遣労働者の労使協定は、派遣元で締結するのが正しいのでしょうか。

A

 派遣法44条2項では、労基法34条の休憩に関して、派遣先の事業のみを、派遣中の労働者を使用する事業とみなして、適用するとあります。

 原則として、自社の従業員と派遣社員を含め、一斉に休憩を与える必要があります。例外である、労使協定により一斉休憩の対象から外すには、派遣先で一斉休憩の労使協定を締結しておく必要があります(昭61・6・6基発333号)。

 労働者派遣契約の内容も変更されるということになるでしょう。

ショート実務相談Q&A 掲載

あわせて読みたい

ページトップ