酸欠を起こす主要因は? 有効な防止策も知りたい

2018.01.26
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 「酸素」と「夫婦」の関係について、「近くにいるときには何も感じないが、なくなると大変なことに気が付く」という話を耳にしたことがあります。どのようなときに酸素欠乏事故が起こるのか、また、それを防ぐにはどんな手立てがあるのかを教えてください。【静岡・S社】

A

火気や電気使用でも発生 作業前に濃度測定を

 空気中には、酸素が21%、窒素が78%で、残りは炭酸ガスやアルゴンなどが含まれています。酸素の容量は18%が安全の限界で、16%になると呼吸が困難になり、10%になると死亡する危険性も出てくるとされています(昭57・6・14基発407号)。

 過去の酸素欠乏事故事例を紹介します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年2月1日第2299号 掲載
ページトップ