減収がないと賠償不可? 後遺障害による逸失利益

2016.03.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 運送会社で働いています。運転中、追突事故に遭いケガをしました。治療期間は3カ月、後遺障害(頸椎捻挫)が残り、等級14級が認められましたが、相手の損害保険会社は「事故後も事故前と同じ収入があり減収はない」として逸失利益を認めません。どのようにしたらいいでしょうか。なお、仕事は休まなかったので休業損害はもらっていません。【神奈川・N生】

A

労働能力低下も評価対象 休業損害と考え方違う

 相手の保険会社の主張は、「相談者は交通事故に遭ったが仕事は休まず、給料をちゃんともらっている。休業損害はなく、また、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年3月15日第2254号 掲載
ページトップ