雇用継続給付の計算ミス? 60歳到達時賃金と比較 「低下率」75%未満が条件

2013.06.17
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 定年退職後に再雇用される高齢者には、雇用保険の高年齢雇用継続給付、60歳代前半の老齢厚生年金(平成25年4月1日以降、60歳に達する男性は、1年間、支給がない旨)等に関する説明を行っています。このたび、初めて継続給付の対象となった男性から、「説明された金額と違う」と質問が寄せられました。差はわずかですが、考えられる原因は何でしょうか。【大阪・T社】

A

賃金日額の上限適用する

 正社員から嘱託に身分変更された高齢者は、基本的に高年齢雇用継続基本給付金の対象となります。給付金は、60歳以降の各月の賃金が60歳到達時点の賃金月額の75%未満の場合に支給されます。

 60歳到達時等賃金は固定ですが、各月の賃金の「実支払い額」は変動するので、説明時のモデル金額と差が出るのは当然のことです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年6月17日第2925号16面 掲載
ページトップ