死亡翌月に失権? 子が18歳年度末迎える

2013.04.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 2月中旬に亡くなった従業員の遺族厚生年金は誰が受給できるのでしょうか。妻と離婚し、一緒に住んでいた子は3月に18歳の年度末を迎えています。【愛知・S社労士】

A

権利消滅月まで受給可

 遺族厚生年金の受給権者となり得るのは死亡した者の配偶者や子などですが、妻はすでに離婚しているため受給権はありません(厚年法63条)。子の有する受給権も、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年4月1日第2915号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ