計画年休の拒否認めるか 契約更新不透明なパート 遅刻多いため本人心配に

2014.12.08
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年末年始に年休の計画的付与を実施しています。パートの1人から「今年、自分は対象から外してほしい」と要請がありました。欠勤が多いため、上司から「次の契約更新は難しい」と皮肉をいわれたので、憤激している模様です。更新が不確定なパートが計画的付与に反対する場合、どのように応じればよいのでしょうか。【福岡・N社】

A

労働日から外すことも

 過半数労組(ないときは過半数代表者)と労使協定を締結すれば、有給休暇の日数のうち5日を超える部分について、計画的に付与することができます(労基法39条6項)。夏季・年末年始等に全社一斉で年休の計画的付与を実施し、休暇の長期化を図る企業が少なくありません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年12月8日第2996号16面 掲載
ページトップ