派遣先がストレスチェック? 勤務場所でまとめて実施 受入先の従業員と一緒に

2015.11.23
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、妊娠・育児で休業者が出たときなどに、派遣社員を活用しています。平成27年12月1日から改正安衛法に基づくストレスチェック制度が始まりますが、派遣労働者の扱いはどうなるのでしょうか。勤務場所は派遣先ですから、当社従業員と一緒にストレスチェックを受けさせるべきでしょうか。【愛知・R社】

A

「集団分析」は職場単位で

 派遣労働者は派遣先を就労場所とするので、ストレスの発生源も派遣先の職場となる可能性大です。しかし、安衛法66条の9で定めるストレスチェックの実施者は「事業者」であり、派遣先を事業者と読み替える規定も存在しません。

 ただし、次の2点には注意が必要です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年11月23日第3042号16面 掲載
ページトップ