海外への出向どう扱う? 帰国直後に離職したら

2017.08.10
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 従業員を海外子会社に出向させる予定でしたが、病気で長期休業したため、延期となっていました。健康を回復し、正常勤務に戻ったので、改めて出向を打診しました。本人は「身分の不安定さ」に不安を感じているようです。雇用保険の関連では、海外出向はどのように扱われるのでしょうか。【大阪・D社】

A

「元」で資格継続扱い 算定対象期間も延長あり

 海外生活になじめず、会社の遺留にかかわらず、退職して帰国したとします。雇用保険の基本手当を受給できるのでしょうか。

 受給資格を得る要件は、原則として「被保険者が離職した日以前2年間(これを「算定対象期間」といいます)に被保険者期間が12カ月以上あること」です(雇保法13条1項)。特定受給資格者・特定理由離職者については、「離職した日以前1年間に被保険者期間が6カ月以上」あれば、要件を満たします(同条2項)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年8月15日第2288号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ