通院治療中で基本手当は 整理解雇の対象者に該当

2017.07.14
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

事業計画の変更により対象業務が消滅するため、パートを全員解雇せざるを得ません。対象者の中に、長期にわたって通院治療を受けている方(就労には大きな問題なし)がいますが、再就職先を探すのは難しいと予想されます。こうした場合、雇用保険では優遇措置があるのでしょうか。【山梨・E社】

A

「個別延長給付」を創設 特定理由離職の優遇も

 所定給付日数は、年齢、離職理由、被保険者であった期間等により定まります。

 仮にお尋ねの方が、就職困難者(身体障害者等)に該当すれば、基本手当の所定給付日数の優遇があります(雇保法22条2項)。たとえば、被保険者であった期間1年以上・45歳以上65歳未満なら、一律360日が適用されます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年7月15日第2286号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ