60歳代前半の在職老齢は 支給停止基準額が変更

2017.06.30
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 平成29年4月から、在職老齢年金の計算で使う「基準額」が変わったといいます。嘱託に切り替わった社員から「自分も影響を受けているのだろうか」と尋ねられましたが、どのように説明するとよいでしょうか。【愛媛・T社】

A

報酬相当46万円超に影響 年金額28万円でも調整

 在職老齢年金については、60歳代前半の老齢厚生年金と65歳からの老齢厚生年金の2種類の規定が設けられています。ご質問にある方は「嘱託に切り替わったばかり」ですから、前者が適用されると思われます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年7月1日第2285号 掲載
ページトップ