中抜けの年休はできるか 半日定義は決め次第

2022.07.26 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 半日単位の年次有給休暇ですが、半日の定義は法律等では決まっていないといいます。従業員から使い勝手をよくするため、中抜けのような形も認めてほしいという話がありました。半日の定義がないとすると、労使の決め次第というふうに考えることも可能でしょうか。【岡山・I社】

A

時間単位付与で対応 労使協定を結び導入を

 通達(平21・5・29基発0529001号)は、半日年休の取扱いを規定していますが、半日の定義ははっきりしません。ただ、半日の代替休暇に関して、以下の解釈を示しています。すなわち、半日とは原則的には所定労働時間の2分の1を意味するが、必ずしも厳密に1日の所定労働時間の2分の1とする必要はなく、例えば、午前(9時から12時)と午後(13時から17時)という分け方でも差し支えない、というものです。この代替休暇は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2022年8月1日第2407号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。