管理職に短時間勤務? 介護理由の措置を検討

2022.05.16 【育児・介護休業法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社の年齢構成をみると今後、親の介護が必要な従業員が増えてくる見込みです。管理職に労働時間関係の規制が及ばないとみれば、わざわざ短時間勤務の制度を講じる必要はないのでしょうか。【福岡・W社】

A

除外可能でも配慮望ましい

 介護を理由とした勤務時間の短縮は、選択的措置となっています(育介法23条3項、則74条3項)。短時間勤務の他、時差出勤も可能です。育児とは異なり、短時間勤務制度を設けなければならないわけではありません。

 平成28年に介護休業の分割取得などの改正が行われ、その際に示された厚生労働省のQ&Aがあります。管理職が労基法41条2号の…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年5月16日第3352号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。