退職金も収入か? 被扶養者へなる際に

2021.09.07 【健康保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 「妻が7年勤めた企業を退職するため、被扶養者に変更したい」と従業員からいわれました。退職一時金が支給されるようですが、被扶養者の年収要件をみる際、カウント対象ですか。【岡山・R社】

A

一時金扱いされ対象外

 被扶養者となるには、原則、国内に住所を有し、主として被保険者により生計を維持されている必要があります(健保法3条7項)。生計維持の基準は、被保険者と同居している場合、被扶養者の年間収入が130万円(60歳以上などの場合は180万円)未満、かつ被保険者の年収の2分の1未満であることです。

 130万円未満かどうかは、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
    令和3年9月6日第3319号16面 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ