労使協定は届け出る? みなし時間制を適用 勤務時間の一部だけでも

2021.06.11 【労働基準法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 外勤の営業社員を対象に事業場外労働のみなし労働時間に関する協定を結び、労基署に届け出ています。現在、「後方勤務(営業社員のバックアップ)」の内勤者についても、所定労働時間の一部を外勤で働いてもらう方向で検討中です。こうした「一部事業場外勤務」でも協定を結び、労基署に届け出る必要はありますか。【東京・G社】

A

事業場外が法定超過なら

 「労働時間の全部または一部について事業場外で業務に従事」した際のみなし労働時間制の適用には、3パターンあります。

① 基本は、「所定労働時間」働いたものとみなします(労基法38条の2第1項)。労働時間の一部についてだけ事業場外で働いた場合も、「その日は事業場内で業務に従事した時間を含めて…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年6月21日第3309号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ