遺族と障害は併給可能か 寡婦がケガで退職したら

2021.06.11 【厚生年金保険法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 長年、勤めていたパートさんで、夫の遺族厚生年金を受けている方がいます。事故でケガをされ、長期療養のため、退職されることになりました。いろいろと相談に乗った際、「後遺症が残ったときは、障害年金を請求できるか」と質問を受けました。遺族年金と障害年金ですが、どちらか選択だったように記憶します。併給が可能なケースもあるのでしょうか。【山形・O社】

A

65歳から基礎部分選べる 原則は支給事由から判断

 年金の支給事由は、大きく老齢、障害、死亡の3種類に分けられます(国年法1条、厚年法1条)。支給事由が同一の場合、国民年金(たとえば、老齢基礎年金)と厚生年金(たとえば、老齢厚生年金)は、上下一体となって支給されます。

 しかし、支給事由が異なるときは一定の制限を受けます。併給調整に関しては、厚年法38条に根拠規定が設けられています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2021年6月15日第2380号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ