適用の対象を拡大? 保険外併用療養制度

2017.03.24
Q

 保険適用外の医療と一緒に受けても全額自己負担にならないものが増えたそうですが、どのようなものですか。【長野・E子】

A

患者申出療養が昨年追加に

 先進的な医療技術で、健康保険や国民健康保険の保険診療としていまだ認められていないものについては、被保険者がこれらの医療を受けた場合には全額自己負担になります。

 しかし、従来から…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成29年3月20日第3105号16面
ページトップ