人事・労務・安全衛生の労働実務相談Q&A

2021.09.03 【労働基準法】

年休取得したとき賃金は 月給21分の1支払う 欠勤控除を逆に考えて

キーワード:
  • 休憩・休日関係
  • 年次有給休暇
Q

 総務課に配属され、仕事の合間に、労基法等の条文を勉強しています。当社は、欠勤時には月給の21分の1をカットする規定になっています。年休を取得した場合、その逆で月給の21分の1が支払われる形になると思います。しかし、労基則では、「月給を月の所定労働日数で除した金額」を支払うと規定してあります。当社の取扱いは、厳密にいうと問題ありなのでしょうか。【大分・H社】

A

両者均衡なら同額可能

 月給者の場合、欠勤控除の方法として、大きく2とおりが考えられます。単純なのは、「月給を月の所定労働日数で除した金額」をカットする方法です。この方式だと、月ごとに控除額が変動します。

 しかし、計算の便宜から、控除金額を固定する企業もあります。貴社では、「月給の21分の1」という数字を用いておられますが、これは年間の所定労働日数を12で除した値をベースとするものでしょう。

 一方、労基法で定める賃金の計算方法も、条文によって考え方が異なります。たとえば、…

回答の続きはこちら
2021.08.24 【労働基準法】

年休取得いくら払う 変形制の時間が短い日

キーワード:
  • 休憩・休日関係
  • 変形労働時間制
  • 年次有給休暇
Q

 時給制の従業員の年次有給休暇について疑義が生じました。取得時の賃金支払い方法は通常の賃金方式ですが、1カ月単位の変形労働時間制を採用しています。所定労働時間が短い日に年休を取得したとしても、その日の所定労働時間に応じて支払い額を計算して良いのでしょうか。【群馬・M社】

A

通常賃金は所定で算出

 年休を取得した日の賃金の決め方は、①平均賃金、②所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金、③健保法の標準報酬月額の30分の1相当額――から選択します(労基法39条9項)。労基法コンメンタールでは、原則は①、②で、就業規則その他で明確に規定することが要求されており、かつ「労働者各人についてその都度使用者の恣意的選択を認めるものではない」(昭27・9・20基発675号)としています。…

回答の続きはこちら
2021.07.20 【労働基準法】

年休を併用できる? 半日休日出勤の代休と

キーワード:
  • 代休
  • 休憩・休日関係
  • 年次有給休暇
Q

 当社では、年次有給休暇の半日単位取得を認めています。土・日曜日が休日としているところ、この前の土曜に半日出勤し、その分半日の代休を与えることとした労働者から、半日年休と組み合わせて丸1日休みにしたいといわれました。代休と年休の併用は可能なのでしょうか。【奈良・D社】

A

割増賃金へ 留意は必要

 労基法39条の年休は原則1日単位ですが、労働者の希望と使用者の同意により半日単位で付与できます。過半数労働組合(ない場合は過半数代表者)と労使協定を結べば、…

回答の続きはこちら
2021.05.28 【労働基準法】

年休賃金の切替え可能? 平均賃金方式は額低下 「不利益変更」が心配で

キーワード:
  • 年次有給休暇
  • 賃金関係
Q

 年休取得時に支払う賃金について、「通常の賃金から平均賃金への切換えは、金額の低下が大きい場合、不利益変更に当たる可能性もある」という記事(令3・5・10日付本紙3304号16面)を読みました。逆にいえば、金額の低下が少なく、意見聴取等の手続きをキチンと履行すれば、支払方法の変更も可能と理解しましたが、いかがでしょうか。【石川・W社】

A

説明難しく計算も煩雑化

 月給制など固定給中心の賃金体系を採る会社では、「所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金」を用いて、年休賃金を支払うのが一般的です。「通常の賃金」の計算方法は労基則25条で詳細に定められていますが、同条で定める計算をその都度行う必要はなく、「通常の出勤をしたものとして取り扱えば足りる(欠勤控除をしない)」(昭27・9・20基発675号)とされています。…

回答の続きはこちら
2021.05.18 【労働基準法】

時季指定義務該当か 繰越し含めて10日に

キーワード:
  • パート
  • 休憩・休日関係
  • 年次有給休暇
Q

 パート労働者に週3日来てもらい始めて約2年半になります。新たに6日の年次有給休暇が発生しますが、昨年はあまり取得しなかったため、繰越し分と合わせると10日を超えます。使用者による時季指定義務の対象なのでしょうか。【埼玉・Y社】

A

基準日単位で判断し対象外

 パート労働者などについても年休は発生します。週所定労働日数が4日以下(週以外で定める場合は年216日以下)かつ週労働時間が30時間未満の場合は比例付与の対象として、労基則24条の3で定める表の区分に応じた日数の年休が付与されます。たとえば、…

回答の続きはこちら

年月アーカイブ

ページトップ