示談後の補償どこまで? 損保会社と書面を締結

2020.09.13 【交通事故処理】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 損害保険会社から損害賠償額が提示されました。提示額は妥当な金額であり、またお金が早く欲しいので示談しようと考えています。心配なのは示談後、後遺障害が出た場合です。後遺障害については一筆書いてもらいましたが、安心していいでしょうか。【栃木・O社】

A

相当因果関係証明は困難 現時点で障害認定も検討

 損害保険会社の後遺障害についての一筆とは「ただし、本件事故と医学的に相当因果関係のある後遺障害が残存し、所定(後遺障害事前認定)の手続きを経て後遺障害の等級を自賠責会社が認定すれば、別途協議する」というものでした。

 後遺障害については、現在、後遺障害の症状がないか、あるいは気にするほどでない小さい症状ならば、今後、等級認定がされるような後遺障害が出る可能性は少ないでしょう。後遺障害が出たとしても、最も低い等級の14級以上でなければ後遺障害の補償を受けることはできません。

 後遺障害に関わる損害保険会社の一筆は有効ですが、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
    2020年9月15日第2362号 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ