会社間の契約書必要か 定年後は他社で雇用

2020.09.07 【高年齢者雇用安定法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社で初めて定年に達する者が出ました。継続雇用制度を導入していますが、今後、続々と定年に達する者が出るなど場合によっては他社で雇用することも検討したいと思います。この場合、あらかじめ会社間で契約書の締結が必要になるのでしょうか。【福岡・H社】

A

書面締結望ましい

 高年法9条2項では、「継続雇用制度には、特殊関係事業主が高年齢者の雇用を確保する制度が含まれる」としています。特殊関係事業主とは、親法人、子法人、関連法人等(高年則4条の3)が挙げられています。

 継続雇用先の範囲をグループ会社にまで拡大する特例を利用するためには、元の事業主と…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
令和2年9月7日第3271号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ