老齢年金どう扱う 繰下げ中に死亡した場合

2020.08.10 【厚生年金保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 68歳の従業員が、労災とは関係ない疾病で亡くなりました。遺族から知らされた際、働いているからと老齢年金の裁定請求をせず、繰下げをしていたと聞きました。老齢年金の扱いはどうなるのでしょうか。【山梨・S社】

A

増額の反映ないが支給

 厚年法44条の3第4項では、老齢厚生年金の支給繰下げをした際に支給額を加算するとしています。具体的な加算額は、受給権発生時の年金額に、受給権を取得した月~繰下げの申出をした日の属する月の前月までの月数(上限60カ月)に1000分の7を乗じて算出した増額率を乗じて計算します(令3条の5の2)。支給は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和2年8月10日第3268号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ